Select Language : English 日本語 中文(简体字)

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_data-center

Data Center

DCIMサービス

データセンター インフラストラクチャ マネジメント サービス

DCIMサービス
提供機能
デモビデオ
展開拠点
ニュース

Data Center Infrastructure Management Service

DCIMサービスはお客さまシステムの運用を支援し、運用稼働を軽減します。 Nexcenterカスタマポータルからシームレスにデータセンター内のシステム運用状況の確認、ラック内の機器や配線管理ができます。データセンター内の温度や湿度、お客さま機器の状態、利用電流値、空調稼働状況などさまざまな状況を可視化することにより、お客さまシステムの柔軟かつ効率的な運用と将来の拡張計画に役立てることができます。 万が一のトラブルの際も、お客さまとデータセンタースタッフとの間で設備運用状況の画面を共有することができるため、迅速でスムーズなトラブル解決ができます。

リアルタイムモニタリング

データセンター設備のリアルタイムモニタリング

データセンター設備のリアルタイムモニタリング

 

 

<電流>
ブレーカー単位の計測が可能で、お客さまがご利用中のラック毎の使用電流値をご確認いただけます。

 

 

 

 

 

データセンター設備のリアルタイムモニタリング

 

<温度・湿度>
当社が用意する代表点の温度や湿度のほか、お客さまラック環境内へ専用のセンサーを設置し、より精度の高い温度・湿度状況をご確認いただけます。

※ヒートマップはオプションサービスです。

 

サーバールーム監視・通知
サーバールーム監視・通知

 

 

各モニタリング値にはお客さまが任意のしきい値を指定することができます。しきい値として、2段階の下限値、上限値を設定することが可能です。

 

 

 

 

 

サーバールーム監視・通知

設定したしきい値の超過をリアルタイムに検知し、画面上にアラームを表示します。設備故障などの障害も検知し、アラームを表示します。また、指定の宛先にメールでアラームの通知を送信することも可能です。

レポート

カスタマイズレポート

カスタマイズレポート

 

収集した計測データはDCIMのデータベースに保存されます。保存された計測データは、さかのぼって確認できます(15分平均値データを最大60日間保存)。また、計測した各データはレポート出力できます。レポートの出力形式はお客さまのご要望に応じてカスタマイズが可能です。

・日次/週次/月次

・グラフ形式/表形式

フロアレイアウト
2Dフロアレイアウト

 

 

2Dフロアレイアウト

お客さまがご利用中のラックや設備を2Dビューにてご確認いただけます。設備の位置だけでなく、設備が正常に機能しているかどうか、色分け表示により、容易に確認することが可能です。 

 

 

 

 

 

 

3Dフロアレイアウト

 

 

3Dフロアレイアウト

お客さまがご利用中のラックや設備を3Dビューにてご確認いただけます。ラック内の機器マウント状況を確認することができます。

 

 

 

 

ラック内ICT機器マネジメント
ラック内ICT機器マネジメント

 

お客さまがご利用中のICT機器のマネジメントが可能です。アイコンをドラッグ&ドロップすることにより、ラック内の機器塔載レイアウトを作成できます。また、機器間のケーブル配線や、電源ケーブルの配線状況などの管理も可能です。

利用可能拠点 東京/大阪の主要データセンター 展開予定拠点 アメリカ、イギリス、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアほか

最新情報

Coming soon!

このページのトップへ

Shanghai industry and Commerce